BATIC独学

まだBATICのスクールに行くな!?

BATICは独学できる! 900点なら独学で取れる


目指すは、BATIC で年収アップ




2007年05月03日

●BATICとは、どんなテストか

BATIC(国際会計検定)は、どんなテスト?

BATIC「国際会計検定」と日本語で表記されます。もちろん、TOEIC などと同じように略語です。

Bookkeeping and Accounting Test for International Communication の頭文字を取った略語で「国際コミュニケーションのための簿記と会計のテスト」です。

BATICの役割
ビジネスの共通言語である「国際標準の会計」に関する知識レベルを認定することです。よって、アメリカ公認会計士(U.S.CPA)試験のような「アメリカ会計基準」ではなく、あくまでも「国際会計基準」(IAS)を想定しているのです。なお、アメリカ公認会計士試験は、アメリカ会計基準のエキスパートであることを認定する試験で、監査やビジネス法規などの知識が問われます。

BATICが目指すことは「移植」
つまり、英文で財務諸表を作成することだけでなく、日本の基準で作られた財務諸表を、国際会計基準の財務諸表に転換することです。このスキルを習得した日本人が企業から求められる人材であることは言うまでもありません。
タグ:BATICとは
BATIC Man | 10:45 | BATIC どんなテストか
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。